【デッキレシピ】ジガルデGXセルカンパニー型デッキ

ジガルデGX/ジガルデ/ディアンシー

非GXの犬みたいな「ジガルデ」の特性「セルカンパニー」と「ディアンシー」の特性「プリンセスエール」で火力をあげて「ジガルデGX」で殴っていくというデッキです。

メインで戦うのは「ジガルデGX」ですが、非GX「ジガルデ」も火力は上がるので戦えます。

【デッキコード】LHLLHL-av9WyD-QHg6Li

では、メインカードを紹介していきます。

オススメ

メインカード

ジガルデGX

ワザ「セルコネクター」 無無 ダメージ50

自分のトラッシュにある闘エネルギーを2枚、このポケモンにつける。

ワザ「グランドフォース」 闘闘無無 ダメージ130

GXワザ「ジャッジメントGX」 闘闘無無 ダメージ150

次の相手の番、このポケモンは「ポケモンGX・EX」からワザのダメージを受けない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

今回のメインアタッカー!

必要エネルギーが多そうみ見えるが、ダブル無色エネルギーさえつけてしまえば「セルコネクター」でエネルギー加速できるので意外と動きは重くない。

ジガルデ

特性「セルカンパニー」

このポケモンがベンチにいるかぎり、自分の「ジガルデ(GXをふくむ)」が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

ワザ「ブーストファング」 闘 ダメージ20

自分のトラッシュにある闘エネルギーを1枚、ベンチポケモンにつける。

「ジガルデ」のカードの種類はたくさんありますが、今回は「ジージーエンド」収録の犬みたいなやつです。

「ジガルデGX」、「ジガルデ」のワザのダメージを「+20」する特性「セルカンパニー」がとても強いです。

ベンチにたくさん並べて火力をあげましょう。

ディアンシー

特性「プリンセスエール」

このポケモンがベンチにいるかぎり、自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

ワザ「ダイヤレイン」 闘闘闘 ダメージ90

自分のベンチポケモン全員のHPを、それぞれ「30」回復する。

闘ポケモンのワザのダメージを「+20」する特性を持っています。

5枚目の非GX「ジガルデ」みたいなものです。

ユリーカ

このカードは、場にスタジアムが出ていなければ使えない。

場に出ているスタジアムをトラッシュする。この番、自分の「ジガルデGX」は、自分がすでにGXワザを使っていても、GXワザが使える。

このカードで、もう一度「ジガルデGX」のGXワザを打てるので、序盤から惜しみなく「ジガルデGX」のGXワザを使っていけます。

場のスタジアムをトラッシュしなければいけないため、このデッキにはスタジアムを多めに6枚採用しています。

また、自分のスタジアムでなくても使用することができます。

フーパ

特性「バンデットガード」

このポケモンは、相手の「ポケモンGX・EX」からワザのダメージや効果を受けない。

ワザ「ちょうねんりき」 悪無無 80

「ジガルデGX」にエネルギーがついてなく戦える準備ができていないときなどに盾としての活躍が期待できます。

格闘道場

おたがいの基本闘エネルギーがついているポケモン(「ウルトラビースト」をのぞく)が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+10」され、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いなら「+40」になる。

戦い方

戦い方はとてもシンプルで次の3点です。

1.非GX「ジガルデ」を展開して「ジガルデGX」で戦いましょう。

「ネストボール」や「せせらぎの丘」など、展開させるためのカードはたくさん入っています。

非GX「ジガルデ」が倒されたときは「レスキュータンカ」で復活。

2.「ユリーカ」でGXワザは何度も使えるので序盤から使っていきましょう。

3.「ジガルデGX」にエネがなかなかつかなかった時は「フーパ」を盾に。

オススメ
>