【デッキレシピ】レシリザデッキ/ミュウツー&ミュウGX型

「レシリザ」に「ミュウミュウ」を入れてみたデッキです。

「ミュウミュウ」は「レシリザ」、エネ加速用のポケモン両者の代わりとなります。

また、「ミュウミュウ」を入れることで水弱点を補うことができます。

「リザードンGX」も入っているので決めに聞くときは「ぐれんのあらし」の300ダメージでワンパンも狙えます。

【デッキコード】vvbffw-XSMgkh-vFfVFk

公式サイトでデッキレシピを見る…

オススメ

メインカード

レシラム&リザードンGX

ワザ「げきりん」 炎無 ダメージ30+

このポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージ追加。

ワザ「フレアストライク」 炎炎炎無 ダメージ230

次の自分の番、このポケモンは「フレアストライク」が使えない。

GXワザ「ダブルブレイズGX」 炎炎炎+ ダメージ200+

追加で炎エネルギーが3個ついているなら、100ダメージ追加。その場合、このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

ワザ「フレアストライク」で230もの高ダメージを出すことができます。一発撃つと次のターンは打てませんが、「グズマ」や「あなぬけのヒモ」で入替しながら戦うことを想定しているので問題ありません。

HPは270もあり一発で倒せるポケモンは限られてきます。そのため、ダメカンが乗った状態になることが多く、ワザ「げきりん」が生きてきます。

GXワザは炎エネルギー6個で300ダメージを出すことができます。現在HP最大のポケモンが「コイキング&ホエルオーGX」と「ファイヤー&サンダー&フリーザーGX」の300ですので「ムキムキパッド」を装備していない限りすべてのポケモンをワンパンできます。

ミュウツー&ミュウGX

特性「パーフェクション」

このポケモンは、自分のベンチまたはトラッシュにある「ポケモンGX・EX」が持っているワザを、すべて使える。[ワザを使うためのエネルギーは必要。]

GXワザ「ミラクルツインGX」 超超無+ ダメージ200

追加でエネルギーが1個ついているなら、自分のポケモン全員のHPを、すべて回復する。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

すべてのワザが使えるというポケモン「ミュウ」にふさわしい特性を持っています。本来進化させないといけない2進化ポケモンの強力なワザを進化の手間なしで使えます。

今回は「レシリザ」の代わりもしますし、エネ加速要員として「ブースターGX」、「ソルガレオGX」の代わりもします。

ブースターGX

ワザ「ヒートステージ」 炎 ダメージ30

のぞむなら、自分の手札にある炎エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつける。

ワザ「ぐれんのほのお」 炎炎無 ダメージ190

このポケモンについている炎エネルギーを、2個トラッシュする。

GXワザ「パワーバーナーGX」 炎 ダメージ20×

自分のトラッシュにある炎エネルギーの枚数×20ダメージ。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

ワザ「ヒートステージ」を「ミュウミュウ」にレンタルしてエネ加速します。

ソルガレオGX

特性「かがやくたてがみ」

このポケモンがいるかぎり、自分のポケモン全員の弱点は、すべてなくなる。

ワザ「ターボストライク」 無無 ダメージ120

自分のトラッシュにある基本エネルギーを2枚、ベンチポケモン1匹につける。

GXワザ「プロミネンスGX」 無無

自分のポケモン全員のHPを、すべて回復する。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

「ソルガレオGX」をトラッシュに送ることができれば1ターン目後攻から「ダブル無色エネルギー」のみで120ダメージ+エネルギー加速ができます。

リザードンGX

ワザ「つばさでうつ」 無無無 ダメージ70

ワザ「ぐれんのあらし」 炎炎炎無無 ダメージ300

このポケモンについている炎エネルギーを、3個トラッシュする。

GXワザ「レイジングアウトGX」 炎無無

相手の山札を上から10枚トラッシュする。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

ワザ「ぐれんのあらし」を「ミュウミュウ」にレンタルします。

2進化を踏み倒して使えるので強いです。

「リザードンGX」は「ぐれんのあらし」以外のワザが貧弱なので、「ぐれんのあらし」を使ったあとほとんどできることがありませんでしたが、「ミュウミュウ」で使えば問題ありません。

火打石

このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。

自分の山札にある炎エネルギーを4枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

このデッキでは手張りする以外に「ヒートファクトリー」や「溶接工」など手札の炎エネルギーを使う機会が多いので、山札の炎エネルギーを4枚も手札に回収できるのは助かります。

炎の結晶

自分のトラッシュにある炎エネルギーを3枚、相手に見せてから、手札に加える。

「ヒートファクトリー」や「巨大なカマド」などで、トラッシュに炎エネルギーを送ることが多いので、トラッシュの炎エネルギーを3枚手札に回収できるのは強いです。

※「巨大なカマド」のトラッシュするカードは炎エネルギー以外でもOKです。

溶接工

自分の手札にある炎エネルギーを2枚まで、自分のポケモン1匹につける。その後、自分の山札を3枚引く。

「レシリザ」のワザの必要エネルギーは多いのでエネルギー加速の手段として使います。また、3枚ドローもできるので「ハウ」の上位互換です。

巨大なカマド

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の手札を1枚トラッシュしてよい。その場合、自分の山札にある炎エネルギーを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

このデッキでは手張りする以外に「ヒートファクトリー」や「溶接工」など手札の炎エネルギーを使う機会が多いので、毎ターン山札の炎エネルギーを2枚手札に回収できるのは強いです。

また、炎エネルギーをトラッシュして2枚の炎エネルギーを回収すれば完全に錬金術です。

ヒートファクトリー

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の手札にある炎エネルギーを、1枚トラッシュしてよい。トラッシュした場合、自分の山札を3枚引く。

「ソルガレオGX」の「ターボストライク」でトラッシュの炎エネルギーを利用できるのでアドしかありません。

戦い方

前半は、「ジラーチ」の特性でデッキを回しながら、「ハイパーボール」や「かんこうきゃく」で「ミュウミュウ」のワザ元ポケモンをトラッシュしていきます。

ワザ元ポケモンのトラッシュが終わったら、「ミュウミュウ」で「ソルガレオGX」のワザ「ターボストライク」や「ブースターGX」のワザ「ヒートステージ」でエネ加速していきます。随時「溶接工」も使っていきます。

中盤、エネルギーがたまったら、「レシリザ」、「ミュウミュウ」を「グズマ」や「あなぬけのヒモ」でグルグルしながら「フレアストライク」で攻めていきます。

後半、「ミュウミュウ」で「リザードンGX」の「ぐれんのほのお」をお借りして決めに行きます。

まとめ

今回はレシリザデッキに「ミュウミュウ」を入れてみました。

「ブースターGX」を場に出す必要がなく、代わりに出ている「ミュウミュウ」はHP270なのでそうそうワンパンされません。ですので、防御面、進化させなくていいという面で強化されていると思います。

「ミュウミュウ」はほかにも、GXの進化ポケモンが多いデッキ、GXポケモンのHPが貧弱なのが多いデッキ、単タイプのデッキなどで採用が考えられます。

関連記事

「レシラム&リザードンGX」に関する記事

「ミュウツー&ミュウGX」に関する記事

オススメ
>