【デッキレシピ】サーナイト&ニンフィアGXデッキ/ムウマージカウンター型

「サナニンフ」をメインとしたデッキです。「サナニンフ」1体+「ムウマージ」2体でサイド5枚を取られることを前提として、そこからのカウンターを狙ったデッキとなっています。

【デッキコード】S2Mp3U-uzgugL-MyypMp

公式サイトでデッキレシピを見る。。。

オススメ

メインカード

サーナイト&ニンフィアGX

ワザ「ようせいのうた」 無

自分の山札にある妖エネルギーを2枚まで、自分のベンチポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

ワザ「カレイドストーム」 妖妖無 ダメージ150

自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけ替える。

GXワザ「ミラクルマジカルGX」 妖妖妖 ダメージ200

追加で妖エネルギーが3個ついているなら、相手の手札をすべて山札にもどして切る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

後攻1ターン目にワザ「ようせいのかぜ」でベンチに2エネつけれればかなり強いです。

エネがついてからは、ワザ「カレイドストーム」で戦うことになります。150ダメージなので相手がTAGチームだと二発で倒すことになります。

エネルギーの付け替えはするかしないか自分で選択できるようになっています。エネルギーの付け替えタイミングは、返しの相手ターンに攻撃されて次の自分のターンに「アセロラ」で回収する必要があるかを考慮する必要があります。

GXワザは追加効果が面白く、相手の手札を0にし、かなりの確率で手札事故をおこさせることができます。

ムウマージ

特性「ふしぎなことづけ」

自分の番に1回使えて、使ったなら、このポケモンをきぜつさせる。自分の手札が7枚になるように、山札を引く。

ワザ「さいみんはどう」 超無無 ダメージ70

相手のバトルポケモンをねむりにする。

特性「ふしぎなことづけ」でサイドを一枚取られる代わりに、手札を7枚になるまで補充することができます。

サイドをとられてしまいますが、以下のように「サナニンフ」2体取られるのと、「サナニンフ」2体の間にムウマージを挟むのとで、結局「サナニンフ」が2体が倒されて負けになるのは変わりません。

サナニンフ(残りサイド3)⇒サナニンフ(残りサイド0)

サナニンフ(残りサイド3)⇒ムウマージ(残りサイド2)⇒ムウマージ(残りサイド1)⇒サナニンフ(残りサイド0)

ゼルネアス

ワザ「みちびく」 無

自分の山札にあるサポートを1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

ワザ「ブライトホーン」 妖妖妖 ダメージ130

次の自分の番、このポケモンは「ブライトホーン」が使えない。

GXメタの「フーパ」に対応するために入れています。

「フーパ」のHPは130なのでちょうどワンパンできます。

プリズムスターの「ゼルネアス」のほうが全体的にスペックが高いですが、特性持ちのため「ブルーの探索」が使えなくなってしまいます。ですので、こちらを採用しています。

やみのいし

自分の場に「ムウマージ」「ドンカラス」「シャンデラ」「ギルガルド」(GXをふくむ)に進化できるポケモンがいるなら、その進化カードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。(最初の自分の番や、出したばかりのポケモンにも使える。)

「ムウマ」だけいれば初手から「ムウマージ」に進化することもでき手札事故をかなりの確率で防止できます。

また、「ブルーの探索」1枚あれば、「ネストボール」と「やみのいし」を持ってくることで、その「ネストボール」から「ムウマ」をサーチし、「やみのいし」で「ムウマージ」を立てれます。

フェアリーチャーム特性

このカードをつけているフェアリーポケモンは、相手の特性を持つ「ポケモンGX・EX」からワザのダメージを受けない。

「サナニンフ」の弱点である鋼ポケモンは「メタグロスGX」や「メルメタルGX」など特性持ちが多いので採用しています。

「フェアリーチャーム鋼」が出ればそちらを採用したいところです。。。

アセロラ

ダメカンがのっている自分のポケモン1匹と、ついているすべてのカードを、手札にもどす。

終盤は毎ターンの使っていきたいので3枚採用。

戦い方

「カウンターキャッチャー」や「マチスの作戦」などサイドで負けている状況でないと効果が使えないカードが多いので、早い段階で「ムウマージ」の特性でデッキを回しつつ、サイドで負けている状態を作ることが大切です。

デッキの構成的に「サナニンフ」の2体目が倒されると負けになってしまうので、1体目が倒されたら2体目は「アセロラ」や「まんたんのくすり」を使いながら慎重に戦いましょう。

関連情報

「サーナイト&ニンフィアGX」に関する記事

オススメ
>