【デッキレシピ】ハガネール(どっすんフォール)デッキ/ピジョン軸

「ハガネール」のワザ「どっすんフォール」で大ダメージを狙いに行くデッキです。手札補充要員としてピジョンを相方にしています。

【デッキコード】iQL6Qg-gJU1eH-giLggi

公式サイトでデッキレシピを見る…

オススメ

メインカード

ハガネール

ワザ「どっすんフォール」 無無 ダメージ50×

自分の手札にあるにげるためのエネルギーが4個のポケモンを好きなだけトラッシュし、その枚数×50ダメージ。

ワザ「アイアンテール」 鋼無無無 ダメージ100×

ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×100ダメージ。

ワザ「どっすんフォール」でガンガン攻めます。自分の手札にあるにげるためのエネルギーが4個のポケモンを好きなだけトラッシュし、その枚数×50ダメージ。

6枚トラッシュすれば300ダメージでTAGチームもワンパンできます。

逃げエネ4のポケモンは現時点(ドリームリーグ発売時)のスタンダード環境では156種類いるみたいです。意外といますね。

またHPも170あり非GX1進化にしては高耐久です。

ピジョン

特性「エアメール」

自分の番に1回使える。自分の山札を上から2枚見て、どちらか1枚を手札に加える。残りのカードは、山札の下にもどす。

ワザ「かぜおこし」 無無 ダメージ30

特性「エアメール」で「どっすんフォール」用の「エネルギーが4個のポケモン」を集めます。

アローラベトベトン

特性「かがくのちから」

このポケモンがいるかぎり、おたがいの場・手札・トラッシュにあるたねポケモンの特性は、すべてなくなる。

ワザ「かみくだく」 超超無無 ダメージ90

コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。

逃げエネ4のポケモンで「どっすんフォール」の対象です。「メタモン」をデッキに入れているので、必要そうな場面では、進化して強力な特性「かがくのちから」を使うこともできます。

カミツルギGX

特性「きりすてる」

の自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。相手の場のポケモンについている特殊エネルギーを、1個トラッシュする。

ワザ「はやてのたち」 鋼無無 ダメージ70

のぞむなら、このポケモンと、ついているすべてのカードを、自分の山札にもどして切る。

GXワザ「スラッシュGX」 鋼

自分のサイドを1枚とる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

このデッキの最終兵器です!

残りサイド一枚になったらGXワザ「スラッシュGX」で勝ちに行きます。

GXワザ「スラッシュGX」を使えるようにするため鋼エネルギーを採用しています。

かいじゅうマニア

自分の山札にあるにげるためのエネルギーが4個のポケモンを3枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

「どっすんフォール」で使うためのポケモンを3枚サーチできます。

エーテル財団職員

自分のトラッシュにある、名前に「アローラ」とつくポケモンを3枚、相手に見せてから、手札に加える。

アローラポケモンをトラッシュから3枚手札に回収できます。

「アローラナッシー」や「アローラゴローン」など、逃げエネ4のアローラポケモンをトラッシュ要員として入れているので「どっすんフォール」で使った後にトラッシュから回収できます。

「どっすんフォール」使用前は「かいじゅうマニア」、使用後は「エーテル財団職員」と使い分けていきます。

戦い方

基本的な戦い方は、以下1~5です。

1.「かいじゅうマニア」で「ハガネール」のラインをサーチ

2.「ハガネール」を立てる。余裕があれば「ピジョン」も立てる。

3.「かいじゅうマニア」で逃げエネ4のポケモンをサーチして「どっすんフォール」

4.「どっすんフォール」で逃げエネ4のアローラポケモンがトラッシュにたまってきたら「エーテル財団職員」で手札に回収して「どっすんフォール」

5.残りサイド一枚になったら「カミツルギ」のGXワザ「スラッシュGX」で勝ちに行きます。

まとめ

使ってみて感じたのは、「かいじゅうマニア」や「エーテル財団職員」だけでは、1ターンに3枚までしか逃げエネ4のポケモンを回収できないため、「ピジョン」などでうまくカードを引かないと「どっすんフォール」用の玉が追い付かない場面がありました。

対策としては、「リーリエのピッピ人形」を入れて壁として時間稼ぎをする。「マチス」で「かいじゅうマニア」や「エーテル財団職員」を2回使うなどが考えられます。

関連情報

「ハガネール」に関する記事

オススメ
>