【新弾バトル優勝デッキレシピ】「サナキュウコンシルヴァディ」デッキ/サーナイトGX・エルレイド・アロキュウ・シルヴァディGXが入ってます!

ブックマーケット砺波店での新弾バトル優勝

「グラゼルネ」さんの「サナキュウコンシルヴァディ」デッキです。

「サーナイトGX」メインで「エルレイド」と「シルヴァディGX」が入っているのが特徴的ですね。

公式サイトで同じデッキレシピを見た場合

【デッキコード】Fv1VFf-9bdiAR-1515Vw

公式サイトでデッキレシピを見る…

オススメ

メインカード

サーナイトGX

特性「ひみつのいずみ」

自分の番に1回使える。自分の手札にある妖エネルギーを1枚、自分のポケモンにつける。

ワザ「インフィニットフォース」 妖 ダメージ30×

おたがいのバトルポケモンについているエネルギーの数×30ダメージ。

GXワザ「トワイライトGX」 妖

自分のトラッシュにある好きなカードを10枚、相手に見せてから、山札にもどして切る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

このデッキのメインアタッカーだと思います。

特性「ひみつのいずみ」で毎ターン手札にある妖エネルギーを1枚、自分のポケモンにつけることができます。

ワザ「インフィニットフォース」は、おたがいのバトルポケモンについているエネルギーの数×30ダメージを出せます。特性「ひみつのいずみ」でエネをつけまくれるので火力を上げやすいです。

エルレイド

特性「ダブルタイプ」

このポケモンは、場にいるかぎり超と闘の2つのタイプになる。

ワザ「パワーサイクロン」 無無 ダメージ120

このポケモンについているエネルギーを1個、ベンチポケモンにつけ替える。

特性で超と闘の2種類のタイプになれるので相手の弱点を突きやすそうですね。

「サーナイトGX」と進化元が同じなので相性がいいです。あわせて超、闘、妖の3種類タイプで弱点を突くことができます。

アローラロコン

ワザ「みちしるべ」

自分の山札にあるポケモンを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

ワザ「スノーアイス」 無無 ダメージ20

ワザ「みちしるべ」が優秀で、エネなしで使えて、 自分の山札にあるポケモンを2枚までサーチできます。

アローラキュウコンGX

特性「ふしぎなみちびき」

自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札にあるグッズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

ワザ「はくぎんのかぜ」 妖無 ダメージ70

相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

GXワザ「サブリメイションGX」 妖無

相手のバトルポケモンが「ウルトラビースト」なら、そのポケモンをきぜつさせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

特性「ふしぎなみちびき」で、手札から出して進化させたときに、自分の山札にあるグッズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加えることができます。「ふしぎなあめ」を持ってくることでスムーズに「サーナイトGX」や「エルレイド」に進化できます。

シルヴァディGX

特性「ディスクリロード」

自分の番に1回使える。自分の手札が5枚になるように、山札を引く。

ワザ「バディブレイブ」 無無 ダメージ50+

この番、手札からサポートを出して使っていたなら、70ダメージ追加。

GXワザ「ホワイトナイトGX」 無無

相手のバトルポケモンが「ウルトラビースト」なら、そのポケモンをきぜつさせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

特性「ディスクリロード」が優秀ですね!自分の手札が5枚になるように、山札を引くことができます。

おそらくこのデッキでは、特性「ディスクリロード」を使ったサポート役として活躍するのだと思います。

オーキド博士のセッティング

自分の山札にある、それぞれちがうタイプのたねポケモンを3枚まで、ベンチに出す。そして山札を切る。

山札にある、それぞれちがうタイプのたねポケモンを3枚まで、ベンチに出せます。

このデッキでは、序盤に大量展開しておきたいたねポケモンのタイプがバラバラなので相性がいいですね。

「ラルトス(妖)」、「ラルトス(超)」、「アローラロコン(水)」、「タイプ:ヌル(無)」など。。。

戦い方

基本は以下1~4のような流れだと思います。

1.「オーキド博士のセッティング」で進化元のポケモンを大量展開!

2.「アローラロコン」のワザ「みちしるべ」で「アロキュウ」やサーナイトラインをサーチ。

3.「アローラロコン」を「アロキュウ」に進化して「ふしぎなあめ」やボール系をサーチして「サーナイトGX」を立てる。

4.「サーナイトGX」の特性「ひみつのいずみ」でエネルギーをつけながら戦う。

「シルヴァディGX」も余裕があれば序盤のほうに立てておく。

相手の弱点が超か闘の場合、または相手のタイプが「サーナイトGX」の弱点である鋼の場合、「エルレイド」で戦う。

といった感じだと思います。。。

まとめ

今までの「サーナイトGX」のデッキに比べて、超、闘、妖の3種類タイプで弱点をつけるし、「シルヴァディGX」の特性で手札事故も起こりにくくて、安定感高めだなと思いました。

関連情報

「サーナイトGX」に関する記事

「エルレイド」に関する記事

「シルヴァディGX」に関する記事

オススメ
>