【カード紹介】シルヴァディGX(ドリームリーグ)の使い方/相性のいいカード/採用デッキ

オススメ

シルヴァディGX

特性「ディスクリロード」

自分の番に1回使える。自分の手札が5枚になるように、山札を引く。

ワザ「バディブレイブ」 無無 ダメージ50+

この番、手札からサポートを出して使っていたなら、70ダメージ追加。

GXワザ「ホワイトナイトGX」 無無

相手のバトルポケモンが「ウルトラビースト」なら、そのポケモンをきぜつさせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

特性「ディスクリロード」が優秀ですね!自分の手札が5枚になるように、山札を引くことができます。

基本的にはアタッカーではなく、特性を活かしたサポータとしてベンチに置いておくことで活躍しそうです。

メインのアタッカーとして活躍させるなら、〇〇メモリを使って相手の弱点を突く戦い方になると思います。

相性のいいカード

〇〇メモリ

現在(ドリームリーグ発売時)、〇〇メモリは全部で6種類です。ですので、6種類のタイプに変身することができます。

グラスメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、草ポケモンになる。

ファイヤーメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、炎ポケモンになる。

ウォーターメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、水ポケモンになる。

エレクトロメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、雷ポケモンになる。

サイキックメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、超ポケモンになる。

ファイトメモリ:このカードをつけている「シルヴァディGX」は、闘ポケモンになる。

ポケモンカードのタイプは現在11種類あります。「シルヴァディGX」GX自身の無色タイプ以外で〇〇メモリがなくなれないものは悪、鋼、フェアリー、ドラゴンの4種類です。現在(ドリームリーグ発売時)、ドラゴンタイプが弱点のポケモンはいないので、「シルヴァディGX」が対応できない弱点は悪、鋼、フェアリーとなります。

ですので、「シルヴァディGX」をサポート役ではなくアタッカーとして使うなら、悪、鋼、フェアリータイプのポケモンたちと組ませるのがいいかもしれません。

関連・採用デッキレシピ

オススメ
>