【カード紹介】アルセウス&ディアルガ&パルキアGX(オルタージェネシス)の使い方/相性のいいカード/採用デッキ

オススメ

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX

ワザ「アルティメットレイ」 水鋼無 ダメージ150

自分の山札にある基本エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

GXワザ「オルタージェネシスGX 」 鋼+

この対戦が終わるまで、自分のポケモン全員が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージはすべて「+30」される。追加で水エネルギーが1個ついているなら、そのワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合、サイドを1枚多くとる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

通常ワザは150ダメージで山札にある基本エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつけれます。ピカゼクみたいな感じですね。

GXワザが面白く、 対戦終了までダメージ「+30」 と追加水エネ1個で、相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合、サイドを1枚多くとることができるようになります。

現在(オルタージェネシス発売時)、水と鋼はあまりいいエネ加速手段がないのでそこがネックですね。

相性のいいカード

ヌオー

特性「おしながす」

自分の番に何回でも使える。自分のベンチポケモンについている水エネルギーを1個、バトルポケモンにつけ替える。

ワザ「ハイドロポンプ」 無無無 ダメージ60+

このポケモンについている水エネルギーの数×20ダメージ追加。

特性でベンチポケモンについている水エネルギーを1個、バトルポケモンにつけ替えることができます。

「アーゴヨン」の特性で「アーゴヨン」についた水エネを「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」に付け替えれます。

アーゴヨン

特性「チャージアップ」

自分の番に1回使える。自分のトラッシュにある基本エネルギーを1枚、このポケモンにつける。

ワザ「ターニングポイント」 無無無 ダメージ80+

自分のサイドの残り枚数が3枚なら、80ダメージ追加。

特性でトラッシュにある基本エネルギーを1枚、このポケモンにつけることができます。

つけた後は、「ヌオー」の特性で「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」に付け替えれます。

Nの覚悟

自分の山札を上から6枚トラッシュし、その中にある基本エネルギーをすべて、自分のベンチのドラゴンポケモン1匹につける。

「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」はドラゴンタイプなので使うことができます。

対策カード

ラティオスGX

特性「パワーバインド」

自分の場のポケモンの数が4匹以下なら、このポケモンはワザが使えない。

ワザ「タッグパージ」 超無無 ダメージ120

次の相手の番、このポケモンは「TAGTEAM」のポケモンからワザのダメージを受けない。

GXワザ「クリアビジョンGX」 超

この対戦が終わるまで、相手のポケモンはGXワザが使えない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」の一番の強みは、GXワザです。

GXワザ「クリアビジョンGX」で序盤にGXワザを封じておけば怖さ半減です。

関連・採用デッキレシピ

オススメ
>