【カード紹介】フライゴンGX(オルタージェネシス)の使い方/相性のいいカード/採用デッキ

オススメ

フライゴンGX

特性「さじんのまもり」

このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分のポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-30」される。

ワザ「デザートハリケーン」 闘闘闘 ダメージ120+

場にスタジアムが出ているなら、120ダメージ追加。その後、そのスタジアムをトラッシュする。

GXワザ「ソニックエッジGX」 闘闘闘 ダメージ220

このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

「ガブリアスの劣化版とはもう言わせない!!」

ゲームではいろいろと不遇なポケモンといわれてますが今回の「フライゴンGX」はなかなか強いんではないでしょうか?!

特徴を一つ一つ見ていきましょう。

まず特性ですが、「このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分のポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-30」される。」ということで実質HP270。TAGチーム並みの高耐久です!!

次にワザ「デザートハリケーン」ですが、最大火力240です。闘タイプは「ディアンシー◇」や「格闘道場」などがあるので火力の底上げもしやすく、TAGチームもワンパン圏内です。

GXワザ「ソニックエッジGX」は必要エネルギーが通常ワザ「デザートハリケーン」と同じなので、通常ワザ「デザートハリケーン」でトラッシュするスタジアムが用意できなかった時などに使うといった感じで打ち分けができそうです。

問題点としては2進化なので立てにくいところと、必要エネルギーが闘3個で多めですが、闘のエネルギー加速で優秀なのがないところです。

相性のいいカード

火力を底上げしてくれるカード

「こだわりハチマキ」や「ククイ博士」なんかと↓のカードたちを合わせればTAGチームもワンパンできる火力を得ることができます。

ディアンシー◇

特性「プリンセスエール」

このポケモンがベンチにいるかぎり、自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

ワザ「ダイヤレイン」 闘闘闘 ダメージ90

自分のベンチポケモン全員のHPを、それぞれ「30」回復する。

特性「プリンセルエール」で自分の闘ポケモンが使うワザの、相手バトルポケモンへのダメージが「+20」されます。

ベンチに出しておくだけで火力底上げができます。

格闘道場

おたがいの基本闘エネルギーがついているポケモン(「ウルトラビースト」をのぞく)が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+10」され、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いなら「+40」になる。

「フライゴンGX」のワザの効果は「ダメージ計算をした後にスタジアムをトラッシュする」という流れになっているので「格闘道場」の効果もダメージに上乗せされます。

進化の手助けをしてくれるカード

「フライゴンGX」は2進化ポケモンなので立てるまでが大変です。

オススメの進化の仕方としては↓の3パターンかなと思います。もちろん併用してデッキを作ってもいいと思います。

1.「ふしぎなアメ」で進化

2進化ポケモンの定番の進化方法ですね。

2.「ビブラーバ」の特性を活かして「レッド&グリーン」で進化

ビブラーバ

特性「うるさいはおと」

このポケモンは、相手が手札からサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

ワザ「はばたく」 闘無 ダメージ40

レッド&グリーン

自分の場のポケモン1匹から進化する「ポケモンGX」を、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。(最初の自分の番や、出したばかりのポケモンには使えない。)

追加で、このカードを使うときに、自分の手札を2枚トラッシュしてよい。その場合、進化させたポケモンに、自分の山札にある基本エネルギーを2枚までつける。

「ビブラーバ」は特性のおかげでグズマで引きずり出されて倒されることがないので安心してベンチに置いておけます。また、「ビブラーバ」まで進化しておけば「レット&グリーン」で一気に進化先の「フライゴンGX」サーチとエネ加速を行うことができます。あとは闘エネ手張りで攻撃準備を整えれます。

3.「ワタル◇」+「レッド&グリーン」で進化

ワタル◇

このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。

自分の山札にあるドラゴンポケモンを2枚まで、ベンチに出す。そして山札を切る。

「ビブラーバ」には↑の2番目の進化方法で紹介したやつ以外にドラゴンタイプのやつもいます。なので、「ワタル◇」で「ビブラーバ」2匹を展開して次のターンに「レッド&グリーン」で進化という流れができます。

↓がドラゴンタイプの「ビブラーバ」です。強化拡張パック「ドラゴンストーム」に収録されてます。2番目の進化方法で紹介した闘タイプの「ビブラーバ」は「フライゴンGX」と同じ「オルタージェネシス」に収録されています。

エネルギー加速をしてくれるカード

ランドロス

ワザ「ちょくげきだん」 闘

相手のポケモン1匹に、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

ワザ「パワーサイクロン」 闘無 ダメージ60

このポケモンについているエネルギーを1個、ベンチポケモンにつけ替える。

純粋なエネ加速手段ではないですが、、、序盤活躍すること間違いなしです。

レッド&グリーン

自分の場のポケモン1匹から進化する「ポケモンGX」を、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。(最初の自分の番や、出したばかりのポケモンには使えない。)

追加で、このカードを使うときに、自分の手札を2枚トラッシュしてよい。その場合、進化させたポケモンに、自分の山札にある基本エネルギーを2枚までつける。

「進化の手助けをしてくれるカード」のところでも紹介しましたが、もう一度。

「ビブラーバ」まで進化しておけば「レット&グリーン」で一気に進化先の「フライゴンGX」サーチとエネ加速を行うことができます。あとは闘エネ手張りで攻撃準備を整えれます。

スタジアム回収ができるカード

スタジアムを多く入れたデッキ構成になると思いますが、多く入れていても来ないときは来ないのでサーチ手段はあったほうがいいと思います。

ジラーチ

ワザ「ねがいぼし」

このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札を上から5枚見る。その中にあるトレーナーズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。残りのカードは山札にもどして切る。その後、このポケモンをねむりにする。

ワザ「ビンタ」 鋼無 ダメージ30

特性でスタジアムを回収できます。スタジアム以外でもトレーナーズを持ってこれる強力なカードです。

スタジアムナビ

コインを2回投げ、オモテの数ぶん、自分の山札にあるスタジアムを、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

関連・採用デッキレシピ

オススメ
>